保険薬局の薬剤師転職ナビ

保険薬局へ転職をお考えの薬剤師さんへ

今も薬剤師の転職先として保険薬局は人気が高く一般的な選択肢と言えます。しかしながらそれだけに待遇も良く競争率が高くなってしまう傾向にありますので、転職には入念な下準備が必要でしょう。

リクナビ薬剤師では全国の薬剤師求人を網羅していますので、あなたにぴったりの転職先をきっと見つけられます。求人情報の紹介でなく履歴書の書き方や面接対策などをしっかりサポートしてくれるのも嬉しいサービスです。

保険薬局の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクナビ薬剤師は、人材紹介最大手の一つであるリクルートが運営する薬剤師を専門に取り扱った求人サイトです。リクルートというと、あまり求人情報関係に詳しくない人でも一度は耳にしたことがある大手企業です。保険薬局、病院といった医療関係だけでなく、一般の求人に対してもデータ量が豊富で、長い歴史から生まれたノウハウを持っています。非公開求人が全体の75パーセントを占めていることも特徴で、独自の求人情報を多く抱えている可能性があります。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ファルマスタッフは全国で計500店舗以上の保険薬局を展開する、日本調剤グループの求人サイトです。もともとは自社の薬剤師やスタッフを募集するために作られたサイトなので、保険薬局に特化したノウハウを豊富に有しています。さらには、薬剤師専任の転職コンサルタントによる転職サポートを無料で受けることが出来るのも特徴で、細部まで気の行き届いた求人サイトであるといえます。

薬キャリ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬キャリの特徴とすれば、総求人数29,000件以上と、薬剤師転職支援業界の中で最も多い求人数を誇っていることにあります。求人数が多い分、希望条件に見合った保険薬局の求人をリサーチ出来るスピードも速く、登録から面接、入社決定までのスピードが最短で3日というのがウリになっています。何事にも迅速にあたることがモットーの人に向いているサイトです。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビ薬剤師は、人材業界大手マイナビグループが提供する転職支援サイトです。その中でも薬剤師の求人に特化したマイナビ薬剤師の特徴は、求人全体の65パーセントが保険薬局に勤務する調剤薬剤師となっており、調剤薬剤師を希望される方にはとても重宝するサイトだといえます。また人材業界大手の強みで、転職にまつわる相談会やセミナーなど、転職に関する各種イベントも充実しており、それらも有効的に活用したいところです。

薬剤師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬剤師転職ドットコムは、アインファーマシーズのという東証一部上場のグループに属しており、医療向けサービスを長年経営している株式会社メディウェルという会社が運営しています。薬剤師転職ドットコムというネーミングのサイトではありますが、保険薬局以外の病院関係の求人も豊富なのが特徴です。これはサイトを運営している株式会社メディウェルが、医療業界で長年ビジネスを主に行っているため、医療業界との関係が深いためです。

保険薬局の薬剤師は求人が多い?

転職をお考えの方の中には、薬局やドラッグストアで薬剤師を目指したいという方も多いことでしょう。求人誌などを見ていると、多くの薬剤師募集の求人を発見することが出来はずです。しかし、一概に薬剤師といっても色々あることを覚えておきましょう。

まず調剤薬局で働くか、保険薬局で働くかでも大きく違います。調剤薬局とは、薬剤を調剤できる施設を備えた薬局のことで、皆さんがよく街で見かけるドラッグストアもこの調剤施設を完備しており、お店のスタッフとは別に白衣を着た薬剤師さんがいるのを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。一方保険薬局というのは、健康保険が適用される薬剤を取り扱う薬局と考えてもらえば良いでしょう。つまりドラッグストアは、保険が適用されない市販の薬剤を取り扱う薬局。保険薬局は、保険が適用される薬剤も取り扱う薬局ということなのです。ただし、ドラッグストアでも調剤併設で薬剤師が常駐している店もあるので気をつけましょう。

例えば、皆さんが病院に診療を受けに行くとします。すると診療後に看護師さんから、「お薬が出ています」と声をかけられることがあります。以前は病院の窓口で直接薬を受け取ったものですが、今は薬事法の改正で病院の外にある薬局で薬を受け取るシステムになっています。これが保険薬局といわれる所なのです。病院に診療に行く場合は、たいていの人が健康保険を持って行くはずです。なので受け取るお薬も市販のものだけでなく、保険が適用されるお薬だと色んな面で安心感があります。

その保険薬局で薬剤師として働きたいと希望する人も多いでしょうが、ではそもそも何故に薬剤師の求人はこれほどまでに多いのでしょうか。これは薬剤師にかかわらずどんな職種にもいえるのですが、簡単にいうと需要と供給のバランスが合っていないからです。つまり薬剤師を求めている人よりも、薬剤師になりたいという人が少ないということです。今の日本は、高齢化社会が年々進んでいます。高齢になれば当然身体の不調も増えてきます。

事実、午前中に病院に行くと高齢の患者さんたちでいっぱいです。その方たちが診療後に次々と保険薬局を訪れれば、業務は大変忙しくなってしまいます。このような状況を考えても、保険薬局の薬剤師の求人は多い傾向にあります。ドラッグストアなど、薬品を扱う店は他にもありますが、保険薬局の薬剤師はその専門的な知識を求められるため、より高い需要があるといっても過言ではありません。


Copyright (C) 2017-2018 保険薬局の薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.