保険薬局と病院薬局の違いは?

保険薬局求人TOP >> 保険薬局に関するFAQ >> 保険薬局と病院薬局の違いは?

保険薬局と病院薬局の違いは?

保険薬局と病院薬局の違いには、いったいどのようなものがるのでしょうか。 違いを述べる前に、まず同じところを見て行きましょう。 まず、どちらも薬剤師が常駐していることがあげられます。 そして医師の処方箋に基づき、健康保険適用の調剤された薬を取り扱っています。 この点を理解した上で、両者の違いについて見て行きましょう。

まず、保険薬局とは街のいたるところに存在しています。 駅前や国道沿いなどにもあって、看板に「処方箋」とか「保険適用」などと書かれており、健康保険が適用されることを示しています。 それに対して病院薬局は一般的には門前薬局などとも呼ばれ、病院に隣接しています。 以前は病院で診察してもらうと、看護士さんが「お薬が出ています」と案内してくれて、それを窓口で受け取るというシステムだったのですが、現在は薬事法が変わり、病院の外にある薬局で受け取る仕組みになっているのです。 詳しくは医薬分業といって、医療と薬事はそれぞれ別々に取り扱いましょうということなのです。

次に保険薬局は広く様々な患者さんに対して業務を行いますが、病院薬局では基本的に病院の診察から流れて来た患者さんのみの対応となります。 このように病院薬局というのは、隣接してる病院と密接な関係を持っていて、同じように連動して動いていると考えられます。

ところで、保険薬局や病院薬局で働く薬剤師の業務はさらに大きく違いがあります。 それぞれの薬局で働くだけならその業務もさほど大差はないのですが、なんといっても病院は外来患者だけでなく、入院患者も多数います。 病院薬局といっても勤め先は病院ということになるので、薬局で勤務する以外の業務もしなければいけません。 入院患者があるということは当直、つまり夜間勤務が必要になって来ます。 これはかなり体力的な負担となるでしょう。 もちろんシフト制でいつも夜間勤務にあたらなければいけないわけではないですが、数週間に1度くらいは交代で夜勤というケースも心がけておかなければなりません。

そして病院薬剤師の場合は、医師や看護師たちとの連携も必要になって来ます。 このように病院で働く薬剤師というのは、より命と密接した仕事を日頃から行っているといっても過言ではありません。 どちらが良いか悪いかは、その人の個性や性格によっても捕らえ方が変わってくるでしょう。 夜間勤務にしても突然患者さんの様態が変わらない限り、それほど忙しく動き回ることもないので、考え方次第ともいえます。

保険薬局の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 保険薬局の薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.