保険薬局とは?

保険薬局求人TOP >> 保険薬局に関するFAQ >> 保険薬局とは?

保険薬局とは?

保険薬局というのは読んで字のごとく、健康保険が適用される薬を取り扱うことが出来る薬局のことです。 中には駅前や、国道のような大きな道路沿いにあるドラッグストアと呼ばれる大型薬剤店の中には、市販の薬のみしか取り扱いが出来ない店も多くあります。 保険薬局というのは厳密にいうと、厚生労働省の地方支分部局である地方厚生局から保険指定を受けた薬局を指します。 一見すると違いがあまりわかりにくいですが、外観だけで簡単に保険薬局かそうでないかを見分けるヒントがあります。

まず保険薬局の場合、店舗の名前が「何々薬局」となっているのです。 具体的にいうと「スギ薬局」や「ヒグチ薬局」など、知名度の高い薬局なのでご存知の方もきっと多いはずです。 つまり薬局という名称を使用する場合、地方厚生局から保険指定を受けて、薬剤師を常駐させておかなければならないのです。 逆に市販の薬のみを取り扱っている店は、薬局という名称は使用せず、「薬の何々」とか「何々ドラッグ」というような名称を使用していることが多いです。 薬局という言葉を上手く避けながらも、薬品を取り扱っていますということを客に対してアピールしているのです。 また保険薬局であるかどうかということは、店の看板に「処方箋」や「保険適用」といった記載がされていることでも判断することが可能です。

さらに店の中に入ってみて、白衣を着た薬剤師さんがいるかどうかでも判断出来ますね。 ただし通常薬局という名称は使用しておらず、市販の薬品しか取り扱いの出来ないチェーン店でも、店によっては調剤併設で薬剤師がいる店舗も存在するので一概に言えない部分もあります。また経費削減のため、ある一定の時間にのみ薬剤師が勤務しているなど、店によって様々なケースもあるので注意しましょう。 逆にいうと、それほど薬剤師の需要が高いということです。 ちなみに我々がよく使う調剤薬局という言葉ですが、法的には存在しない通称であるので、保険薬局が正確です。

保険薬局は全国のあらゆる地域に存在していますが、特に市民病院など大型の病院の周りを歩くと数多く存在しているのが見受けられます。 店舗には必ず国家資格を持った薬剤師が常駐し、処方箋を取り扱う旨の表記が看板など、人目につきやすい場所にあるのが特徴です。 高齢化社会が進んでいる日本においては需要の高い産業で、今後も保険薬局や薬剤師という存在が求められることが予想されるので、この分野への求人率は高くなっています。

保険薬局の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 保険薬局の薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.