シフト制保険薬局の薬剤師求人

保険薬局求人TOP >> 条件別の保険薬局の薬剤師求人 >> シフト制保険薬局の薬剤師求人

シフト制保険薬局の薬剤師求人

薬剤師を数多くかかえる保険薬局や病院、またはドラッグストアなのではシフト制の勤務体系を敷いているところも少なくありません。 シフト制をとる勤務体系のメリットとしては、長時間労働や偏った勤務体系を避けることに本来あるのですが、それが上手く機能せず、逆に過酷な労働環境になってしまっているというケースも皮肉なことに増えています。

まず、シフト制をとっている職場として挙げられるのが病院です。 病院内にも薬剤師は勤務していますが、病院には当然のことながら夜間勤務が付きまといます。 患者さんが入院しているので、どうしても24時間体制をとらなければならないのです。 そのために薬剤師も時に、シフトで夜間勤務に入るケースがあります。

保険薬局や調剤薬局にも、シフト制の勤務体系が存在します。 それは土日の休日シフトです。 もともと土日が完全に休みの薬局ならば問題ないのですが、最近の保険薬局、調剤薬局は土日も営業しているところがあるので、交代で出勤しなければならないケースがあります。 薬剤師の中に「土日の出勤もまったく気にならない」という人がいれば、その方に毎週末出勤してもらえば良いのですが、そうでなければ交代で土日に出勤しなくてはなりません。 そのためにシフト制はどうしても必要になってきます。

ドラッグストアはもっともシフト制を活用している職場といえます。 そもそもの営業時間が長いからです。 ドラッグストアでも市販の薬品しか販売していない所もありますが、薬剤師が常駐して保険が適用される薬品を扱う店も存在します。 こういうドラッグストアでは営業時間が長い分、薬剤師の勤務時間もシフトを使って調整します。 なので早出、遅出という具合に2分割して業務に臨むことになります。

シフト制というのは、そもそも時間を有効に活用して、薬剤師などに過剰な負担がかからないための労働環境を提供するものです。 シフトに関しては、日勤、休み、夜勤、ということになると、週休2日のようにプライベートの時間を有効に活用出来ることにもなるので、シフト勤務でのメリットも十分あるのです。

保険薬局の求人誌などのシフト勤務のチェックは、まず自分の生活スタイルに合った時間を提示しているかどうかがポイントとなります。 何曜日の何時から何時までなら働けるという希望を先方にしっかり伝えることが大切です。 求人誌の内容と勤務に対する希望が違っていても、多少なれば採用されるケースもあるので、物怖じせず、積極的に面接に行くことをお勧めします。

保険薬局の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 保険薬局の薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.