激務でない保険薬局の薬剤師求人

保険薬局求人TOP >> 条件別の保険薬局の薬剤師求人 >> 激務でない保険薬局の薬剤師求人

激務でない保険薬局の薬剤師求人

保険薬局やドラッグストアに勤務していながらも、激務であることを理由に退職してしまったという話は珍しくはありません。 仕事というのは基本的に楽なものではありませんが、あまりに過剰に1人の人間に負担がかかるのはやはり問題です。 もしも、あまりにも過剰な肉体的負担や精神的ストレスがかかって体調を壊してしまう可能性がある場合は、思い切った転職も考えなければなりません。

ただし、仕事や職場を変わったとしても、何が問題で今の仕事が続けられないのかということを理解しておかなければ、結局同じことの繰り返しになる可能性があります。 激務でない求人情報を得るのはなかなか求人雑誌やインターネットからでは難しいので、実際に自分で現場に足を運んでみるとか、保険薬局などに訪れる患者さんたちの声をさりげなく聞いてリサーチしてみるのもひとつの手ではあります。

まず、何故今の仕事を続けられないのかということですが、激務は激務でも自分に合った環境での仕事であれば意外に耐えられるケースもあります。 例えば勤務地が自宅から遠いか近いかでも、身体への負担は相当変わって来るものです。 保険薬局やドラッグストアなどは、比較的都会に行けば数あるものなので、自宅から程近い職場へ移るのも激務からの負担軽減の対策です。

それと、薬剤師が明らかにその職場に少ない場合も当然のごとく1人の人間への負担が増大して、激務を強いられることになるでしょう。 いくら経費費削減とはいっても、それで過剰に働かされて身体を壊してしまったのでは元も子もありません。 仮に転職する場合、面接の段階で余裕のあるシフト体制を敷いているか、薬剤師の人数はしっかりと確保されているのかということを事前に確認しておきましょう。

比較的激務でない保険薬局の探し方ですが、まず門前薬局の場合、取り扱う医薬品の数がそもそも少ない所を選択すると良いです。 具体的にいうと、眼科、皮膚科、整形外科などは取り扱う医薬品が少ないため、その他の外科や内科と比べて、業務がさほど激しくない可能性があります。

また、営業時間が限られている保険薬局を選ぶことも大切です。 仮に営業時間が朝の9時から夕方5時までとなっていれば、その前後を考えても、拘束時間が10時間を越えることは考えにくいです。 外から見ていてわかることには限界がありますが、常識的に考えて、長時間営業でシフトがなし崩しにされる店舗よりは激務ではないと考えられます。

保険薬局の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 保険薬局の薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.