夜間勤務ありの保険薬局の薬剤師求人

保険薬局求人TOP >> 条件別の保険薬局の薬剤師求人 >> 夜間勤務ありの保険薬局の薬剤師求人

夜間勤務ありの保険薬局の薬剤師求人

保険薬局で薬剤師として働きたいという方の中には、日勤だけでなく夜間勤務、いわゆる夜勤も視野に入れている方もいることでしょう。 昼夜のシフトを問わずに働きたいというバイタリティにあふれる方や、自分は夜型だと自認する方にとって夜に働く夜勤の仕事はまさにうってつけです。 それになんといっても、夜勤は日勤に比べて収入が良いことが特徴です。 たいていの人は昼間に働いて、夜は眠りたいと考えるものなので、夜間勤務を希望する人が少ないために、賃金が優遇されます。

ところで、そもそも保険薬局に夜間勤務なんてあるの?とお考えの方も多いかもしれません。 医者や看護師さんならともかく、薬剤師がどこで夜間勤務をするの?と思うかもしれませんが、薬剤師にも夜間勤務は存在するのです。 まず病院薬剤師がそうです。 病院なら夜も開いているところも多いです。 数は少ないですが、当直の医師や看護師さんが夜間勤務を行っています。 なのでそこで働く薬剤師も当然のごとく、夜間勤務のシフトがあるというわけなのです。

あとは24時間営業の保険薬局やドラッグストアですね。 こちらも24時間営業ですので、誰かが店に出なければいけません。 深夜の保険薬局やドラッグストアでの夜間勤務は当然のごとく来店する人の数も少ないので、常駐している薬剤師や店舗スタッフも1〜2人という少数での業務となります。 来店する人の数が日中に比べて圧倒的に少ないので、接客に追われることはまずないでしょうが、日中出来ない在庫管理や、溜まった事務処理などで時間を有効に使います。 このように薬剤師の仕事にも、結構夜間勤務はあるものなのです。

それと夜間勤務の場合は、自動車や電車での通勤の際、ラッシュにぶつかりにくいという利点もあります。 通勤時にかかるストレスが軽減されるだけでも、夜間勤務に従事するメリットがあるといえます。

先にも述べたように、夜間勤務というのは需要に比べて供給が少ないために賃金的にとても好条件になっています。 アルバイト、パートでも自給は2500円から3000円が相場で、いかに高待遇かがわかりますね。 しかし夜間勤務は日勤に比べて、労働環境が厳しいことも頭に入れておかなければなりません。 いくら自分は夜型だといっても、人間には体内時計があり、夜は身体を休めるシステムになっているものです。 なのでいくら「稼ぎたい!」という願望があったとしても、そこは自分の体調とよく相談しながら夜間勤務に臨むよう心がけましょう。

保険薬局の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 保険薬局の薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.