残業が少ない保険薬局の薬剤師求人

保険薬局求人TOP >> 条件別の保険薬局の薬剤師求人 >> 残業が少ない保険薬局の薬剤師求人

残業が少ない保険薬局の薬剤師求人

新たな仕事に転職して自分の理想的な働き方をしたい。 出来るだけ、残業するのは避けて、プライベートの時間を確保したいと考えるのは人の常ですが、保険薬局などで働く薬剤師の求人で、残業などの労働時間外勤務が少ない保険薬局を見つけることは可能なのでしょうか。

求人募集をかけている保険薬局の勤務時間を調べてみると、一応表向きは17時、または18時までの勤務となっているところが多いです。 しかし保険薬局や病院薬局、またはドラッグストアでも、ある程度の残業はやむを得ないと考えたほうが良さそうです。 例えば保険薬局や病院薬局などは、隣接する病院に訪れる患者さんの数によって、その業務の忙しさが変わってきます。 当然病院に多くの患者さんが訪れれば、その患者さんたちは処方された薬を受け取りに薬局へ流れてきます。 いくら終業時間が迫っているからといって、患者さんへの薬の説明もソコソコに業務を終わらせてしまうわけにも行きませんから、時計をふと見てみると、本来の終業時間を大きく回ってしまっていたということも少なくありません。

24時間営業の保険薬局やドラッグストアの場合はそもそもの営業時間が長いため、8時間で終わるはずの労働時間が人手不足などの関係で、終業時間を大きく超過してしまうケースも多々あるでしょう。 ある程度の残業は覚悟しなければいけないものですが、ここで大事になってくるのはしっかりと残業代が払われるかということです。 サービス残業が常習化しているような職場は保険薬局やドラッグストアに限らず敬遠したほうが良いでしょう。 なかなか一社員の力で組織全体の勤務体系や、悪しき習慣を正すのは現実的ではないので、あらたに残業の少ない、または残業代がきっちり支払われることが「当然」の職場を探すべきです。

残業の少ない求人は人気が高く、すぐに募集が終わるケースも多いので、絶えず求人誌をチェックしておく必要があります。 保険薬局やドラッグストアの勤務実態を外部から探るのは至難の業ですが、いつ行っても同じ人が常駐しているような店は注意しておきましょう。 人員が揃っていて、明確なシフトによって上手く人が入れ替わっているかは、外部から見ていてもある程度判断出来るので、事前に意中の保険薬局をいくつか決めておいて、マメに店を訪れて情報を仕入れておくべきです。 あるいは面接の時に、親の介護や子供を幼稚園や保育園に迎えに行かなければならないといった具体的な理由を、あらかじめ面接官の方に要望しておくのもひとつの手です。

保険薬局の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 保険薬局の薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.