大手の保険薬局の薬剤師求人

保険薬局求人TOP >> 条件別の保険薬局の薬剤師求人 >> 大手の保険薬局の薬剤師求人

大手の保険薬局の薬剤師求人

薬剤師として保険薬局へ就職、転職しようと考える時、大手のチェーン店が良いのか、個人経営の小規模店が良いのか迷うところです。 大手保険薬局の求人広告はいくつも見つけることが出来ますが、気をつけていただきたいのは、大手で全国的に多くの店舗を有しているからといって、全てが薬局ではないということです。

いわゆるドラッグストアと呼ばれる店舗の多くは、大量の薬は取り扱ってはいるものの、常時薬剤師が勤務している保険薬局、調剤薬局ではないので、間違って求人に応募しないように気をつけましょう。 大型店舗で全国展開をしている所でも、看板に「何々薬局」と書かれているところは間違いなく保険を取り扱う保険薬局ですので、そういう企業、店舗を探すようにしましょう。

ところで、一般的に大手と中小、どちらに就職、転職したいかと考えれば、たいていの人は大手と答えるのではないでしょうか。 どうしても大手のほうが中小に比べてネームバリューもあれば、企業としての体力も違うので、出来れば大手に就職したいと考えるのも無理はありません。 しかし保険薬局の場合、その一般的なイメージや常識がやや違うところも理解しておかなければならないのです。

まず給与面に関していえば、個人経営のほうが大手チェーンよりも良いというケースが多々あります。 何故?と思われるかもしれませんが、これは医者と同じで薬剤師に関しても希少価値が求められるからです。 薬局というのは地域に密接した関係を維持していますので、わざわざ遠くまで足を運んで薬を買いに行く人はそういません。 常時薬を服用しているということは、それほど万全の健康状態ではないということなので、出来れば労力の少ない近場でまかないたいと考えるのです。 あそこのお医者さんや薬剤師さんは信用出来るし、親身になって話も聞いてくれるともなれば、その存在価値も大きくなるので少々高い単価でも薬を買ってくれて、その結果利益が上がり社員である薬剤師の報酬にもつながるというわけです。

では大手に就職、転職するメリットはないのかといわれれば、当然そんなことはありません。 やはり誰もが知っている大規模薬チェーンなら社会的な信用度も高いですし、企業としての体力も個人経営とは違います。 普段から多くの薬剤師を抱えているので、体調不良や家庭の都合で急遽欠勤しなければならない場合でも、誰かが代わりに入ってくれたり、他店舗から薬剤師の応援が見込まれるので心強いといえます。

保険薬局の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 保険薬局の薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.