保険薬局の薬剤師転職の仕事内容

保険薬局求人TOP >> 保険薬局の薬剤師転職の基礎 >> 保険薬局の薬剤師の仕事内容

保険薬局の薬剤師転職の仕事内容

薬剤師というのは、薬に対する知識を豊富に持っていなければなりません。 保険薬局というのは、健康保険が適用される薬剤を扱う薬局なので、患者さん1人1人に適した薬を特に取り扱うために、その説明はより適切に行わなくてはならないのです。 薬剤師は医師ではありませんが、病院で診療を受けた患者さんに薬を渡すという意味では、医療機関の最終段階に位置するといっても過言ではありません。 患者さんが医師に診療してもらい、看護師さんに次回の通院などに関する説明を受けてその後、病院に隣接した保険薬局で薬を受け取るということは、その日の最後に患者さんが顔を合わせて話をするのは薬剤師ということになるわけです。

まず薬剤師にとって大切な作業は、患者さんの薬歴データをしっかりと把握するということです。 今までどのような薬を使用してきたかによって、患者さんのある程度の症状や病状の段階が理解出来るからです。 また院内での処方であれば、医師からのカルテも同時に参考にしなければなりません。 それによって患者さんの病状、症状をより詳細に理解することが出来ます。

この場合、仮に医師の処方箋に対して誤った薬の用法や用量などを提示してしまった時は、調剤過誤という過失とみなされてしまいますので、より慎重な調剤が求められるのです。 これらの過失を防ぐ意味においても、薬剤師には豊富な薬剤に対する知識と経験が必要になるのです。 具体的にこのような過失を防ぐために必要なのは、先にも述べた患者さんのこれまでの薬歴データ、医師のカルテ、そして何よりも大切なのが患者さんとの意思疎通におけるディスカッションであるといえます。 患者さんは皆多かれ少なかれ病気を抱えているわけですから、一応に不安な気持ちに陥っていると考えるのが普通です。 なので、とりわけ自身の病状に対して親身になって対応してくれる医師や薬剤師を頼りにするわけです。 まるで自分の親のように患者さんに接してあげればきっと、相手も薬剤師を信頼してくれて、より詳しい病状を心を開いて打ち明けてくれるかもしれません。

保険薬局というのは、病院との密接な関係を保っています。 医師からの処方箋を十分に理解した上での調剤業務が、保険薬局に勤務する薬剤師としての重要な仕事となります。 さらに患者さんたちとの綿密なコミュニケーションがとれるかどうかという人間性などが、保険薬局の薬剤師に求められるニーズであると考えられます。

保険薬局の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 保険薬局の薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.