保険薬局の薬剤師転職の給料・年収

保険薬局求人TOP >> 保険薬局の薬剤師転職の基礎 >> 保険薬局の薬剤師の給料・年収

保険薬局の薬剤師転職の給料・年収

転職を希望する人は数多くいますが、やはりその転職理由の上位に来るのはなんといっても給与面での条件が良いことです。ところで転職先で人気の保険薬局の薬剤師の給料や年収とはいったいどれくらいのものなのでしょうか。豊富な知識が必要で、生活に密着した薬という商品を取り扱っているだけに、高収入を期待してしも不思議ではありません。実は医療経済実態調査(医療機関等調査)という機関が薬剤師の年収を公的な資料として公表しています。

これによりますと、平均給与が年間約450万円、それと賞与が約100万円で合計550万円の平均年収になっています。ただしこれも病院内薬剤師なのか、保険薬局の薬剤師なのか、ドラッグストアに勤務する薬剤師なのかでも変わってきます。一概に薬剤師といっても勤務体系により給料は変化してきますし、年齢や勤続年数も当然関係してきます。

さらに、男女間でも格差はあります。 以前に比べれば男女間の給料の格差は縮まってきてはいますが、女性は産休、育児休業などで会社をやむを得ず長期間休むケースが多く、また短期間で退社、退職してしまう傾向が強いこともあり、どうしても格差が生まれてしまうのです。なので、残念ながらこのデータを完全に鵜呑みにしてしまうと誤解を招くことになるかもしれません。 一般の企業で働いている方も、時折新聞やTVのニュースなどで、サラリーマンの平均年収を見かける機会があると思われますが、「こんなにもらってるの!」と驚かれることがあるでしょう。

年収550万円ということは、単純に計算して月に約45万円の収入です。 もちろんそれだけの収入が見込まれるからこそ、保険薬局の薬剤師が転職先として人気を博しているわけですが、転職して早々にこれだけの報酬を期待するのはやや無理があるかもしれません。ただし逆にいえば、長く勤続することでキャリアを重ね、実績や信用を積み上げることによって更なる高収入も期待出来るのです。

先ほどの医療経済実態調査によるデータを見てみますと、40代を越える頃から全体の平均年収を越え始め、40代後半からは600万円を超える年収を得られるというデータも出ています。ただしこれも新卒と転職による中途採用では勤続年数が異なってきますし、役職なども考慮に入れたデータであることを忘れてはいけません。何よりも保険薬局の薬剤師としての、キャリアアップに努めることが、給与面にも大きく影響してくるということです。

保険薬局の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 保険薬局の薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.