保険薬局の薬剤師転職の履歴書

保険薬局求人TOP >> 保険薬局の薬剤師転職の基礎 >> 保険薬局の薬剤師の履歴書

保険薬局の薬剤師転職の履歴書

就職、転職する際に、必ず持参しなければいけないものに履歴書があります。 仮に転職する場合、まずはインターネットや求人情報誌などで情報を入手してから電話でアポイントをとり、実際に会社に出向いて面接官と話をすることになります。 その時の第1印象として、自らの身なり、身だしなみと同様に大切になるのが履歴書です。 では、保険薬局で薬剤師として働くことを希望した場合、具体的な履歴書の書き方というはあるのでしょうか。

基本的には薬剤師といってもその他の会社に就職、転職する場合と比べて、履歴書の書き方に大きな違いはありません。 まずは自分の氏名、住所などをふりがなと同時に丁寧に記入して行きます。 自分は字が下手だという人も、必ず自筆で丁寧に記入することです。 それと写真ですが、これは駅前などにあるスピード写真機で撮影すればいいのですが、あまりにラフな格好は良くないので、男女共にスーツ、もしくはワイシャツを着用するようにしましょう。表情はあまりカメラのレンズを睨みすぎるのは良くないので、自然体で目元だけはしっかり見開いて、健康的な印象をあたえることが必要です。

次に大切なのが学歴、職歴です。これまで複数の職を経験してきた人もいるでしょうが、これも出来る限り記憶をたどりながらすべて記入しましょう。 それでも多少記憶があいまいなところもあるでしょうが、別に面接官が実際にその会社に居た確認を取ることはまずないので、あくまでも出来る限りで結構です。 続いて資格ですが、薬剤師転職の場合は、薬剤師免許の取得年は記載しておきます。普通自動車免許や英語検定なども直接保険薬局の仕事とは関係ありませんが、取得しているのなら記載しておいたほうが、その人のバイタリティをはかる意味で良いでしょう。

勤務に対する希望は勤務地、勤務時間などは記載しても良いですが、給与面に対することは書かないほうが良いです。最後に自己アピールですが、これもあまり自分の長所をダラダラと書くとかえってマイナスイメージになりかけないので、せいぜい30〜50文字程度で簡素に書き上げるべきです。

履歴書というのは単なる書類のようですが、実はその書き方にその人となりがダイレクトに表現されるものなのです。字数が多いと一見積極的で意欲的なイメージがありますが、あまりに多すぎても協調性が乏しいと判断されかねません。たとえ字が下手であっても、誤字、脱字が少なく、丁寧に書き上げている履歴書はその人の実直性を表してくれます。

保険薬局の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 保険薬局の薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.