保険薬局の薬剤師転職で多い退職理由

保険薬局求人TOP >> 保険薬局の薬剤師転職の基礎 >> 保険薬局の薬剤師で多い退職理由

保険薬局の薬剤師転職で多い退職理由

保険薬局で勤務している人の中にも、「もうこの仕事辞めたいなあ」と感じてしまうことがあります。 しかし実際に辞めてしまう前に、何故退職したいと思うのかということを冷静に分析してみる必要があるはずです。 では保険薬局からの退職理由として多いものには、具体的にどんなものがあるのでしょうか。

まずこれは薬剤師に限ったわけではないのですが、悩みというのは突き詰めればやはり人間関係に集約されるものです。 人が集ればどうしても好きな人、嫌いな人というのが出来てしまうものです。 「あの人はいい人だ」と評判の人であっても、何故か自分とは相性が良くないというケースは多々あります。 そんな人と仕事とはいえ毎日顔を合わすのが苦痛だとなれば、いっそ退職してしまおうとなるわけです。

次に退職理由として多いのが、給与面、金銭面での不満です。 薬剤師というのは、基本的に給与面で考えると悪い仕事ではありません。 平均年収のデータでも500万円を超えていますし、国民全体の平均年収を上回っています。 ただどうしても就職する保険薬局の規模や、どこに勤めているかという地域差によって、給与に差が生まれてしまうわけです。 せっかく資格をとってまでなれた薬剤師なんだから、もっと自分の力を最大限に発揮できる職場が他にあるのではないか、という思惑から退職理由の上位に来ているのでしょう。

待遇や労働条件に不満があるというのも、退職理由として多く見られます。 保険薬局というのは、それほど多くの人が勤務しているわけではなく、いわゆる少人数制が採られています。 つまり人の入れ替えが少ない分、昇進、昇給があまり期待出来ないという側面があるのです。 上がつかえてしまっているので、何年経っても自分のポジションが変わらないという不満です。 さらに人が少ない分、残業が多かったり休日出勤を強いられるというケースも少なくないでしょう。 そういう勤務体系の不満からも、退職理由として挙げられているのです。

最後は女性特有の退職理由ですが、結婚、出産というものです。 女性は男性と違い、結婚すると家庭に入るケースが大半です。 まだ結婚だけであれば短期の休暇で済むでしょうが、出産となればさすがにそういうわけにも行きません。 長期休暇で保険薬局に迷惑をかけるのなら、いっそ退職という発想になってしまうのです。 他にも色々あるでしょうが、これらが保険薬局に勤務する薬剤師の主な退職理由となっています。

保険薬局の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 保険薬局の薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.