保険薬局の薬剤師転職の面接対策

保険薬局求人TOP >> 保険薬局の薬剤師転職の基礎 >> 保険薬局の薬剤師の面接対策

保険薬局の薬剤師転職の面接対策

入学、入社、いずれにしても面接となると誰しも緊張感が走るものです。 保険薬局の面接ともなると、場所柄、特に緊張してしまいそうです。 薬特有の匂いが面接室まで漂って来ると、そんな気持ちもなおさら高まるかもしれません。 それでもそんな緊張感に打ち勝って、自分を最大限アピールするには、どんな面接対策が必要になってくるでしょうか。

まず、なんといっても身だしなみは大切にしなければなりません。 人は第1印象ですべてが決まるという人もいるくらいです。 男性ならば髪の毛は短く整えて、服装は黒かグレーの落ち着いたビジネススーツで清潔に決めたいものです。 女性にしても普段はお洒落をしたいところでしょうが、面接ともなればそういうわけにも行きません。 こちらもシックなスーツとワイシャツ、ボトムもスーツと同色のスカートかパンツが良いでしょう。 髪の毛の長い人は、面接の時はしっかりと束ねておかなければなりません。 化粧も普段は派手めな人でも、このときばかりは必要最低限の落ち着いたメイクで臨むようにしなければなりません。 薬剤師という仕事柄、相手に安心感をあたえる身なりに気を使う必要があります。

面接官が必ず聞いてくるいくつかの質問として、この保険薬局を志望した動機があります。 ここで、給料が良いからとか、自宅から近いとかいう動機ではあまりに軽率です。 応募した保険薬局の薬剤の豊富な品揃えや、薬剤師の親切、丁寧な患者さんへの対応というあたりが無難ではないでしょうか。 何故薬剤師になりたいか、という動機もしっかり説明しなくてはなりません。 病に苦しんでいる多くの人を助けたい、患者さんにもっとも適した薬を提供して病気回復のお役に立ちたいといった、積極的な動機を説明するのが良い印象をあたえることに繋がります。

最後に面接官が「何か質問はありませんか?」と逆質問してくるケースも多くあります。 「特にありません」などと言ってしまえば、仕事に対して意欲がないと思われてしまうので、必ず自分から質問出来ることをいくつか用意しておく必要があります。 この逆質問の内容も結構微妙で、聞いてしまったがために相手にマイナスイメージをあたえるものもあるので、注意しなければなりません。 なので、「自分は人と話をすることが好きなのですが、患者さんとコミュニケーションをとる上でもっとも大切なことは何でしょうか?」という風に、自己アピールをさりげなく盛り込んでおくとさらに良いといえます。

保険薬局の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 保険薬局の薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.