保険薬局の薬剤師転職の適性

保険薬局求人TOP >> 保険薬局の薬剤師転職の基礎 >> 保険薬局の薬剤師の適性

保険薬局の薬剤師転職の適性

どんな仕事にも、いわゆる「適性」と言われる、向き・不向きというものがあります。 自分がもし向いている職業に就ければ、毎日がきっと充実することでしょう。 保険薬局の薬剤師にも、もちろん向き不向きがあります。 では、いったいどんなタイプの人が薬剤師として適性といえるのでしょうか。

まずは薬剤師たるもの、患者さんの健康をあずかっているわけですから、その薬の処方には十分な気を配らなければなりません。 薬剤師は調剤という患者さんが服用する薬を調整する業務を行なうわけですから、医師の処方箋に基づき、細かく色んな薬をそれこそミリ単位で合わせていく作業です。 なので、そういう慎重で細かい作業にも対応出来る気質の人でなければいけません。 あまりに大雑把な人では、安心して自分の服用する薬を任せられません。

そしてこれは薬剤師に限ったことではないでしょうが、何かにつけてルーズな人も困ったものです。 保険薬局では常日頃から大量の種類の薬を常備しており、薬剤師はそれらの薬の保管や在庫管理を定期的に行なう必要があるのです。 扱っているのは、人体にとってきわめて影響力のある薬ですから、これらの薬の使用期限や、保管場所などをしっかり管理出来る几帳面さが求められるといえます。 「このくらいでいいだろう・・」という適当な感覚ではなく、十分すぎるチェックをするくらいのマメさを持つ習慣を身に付けなくてはいけません。

さらに保険薬局の薬剤師ともなれば、毎日多くの患者さんたちと顔を合わせます。 その時に患者さんに提供する薬の説明が正確に出来るか、どのようにして服用するかといったことを相手に伝えるかというためのコミュニケーション能力も必要となって来るでしょう。 患者さんの中には当然のごとく高齢者の方もいれば、お子さんもいます。 そういった幅広い年齢層の人たちを相手にしても、きちんと対応出来るかどうかも重要です。 普段から雑誌や新聞などで、幅広い知識を仕入れておいて、どんな年齢層の方とも十分なコミュニケーションがとれるように準備しておきたいものです。

いくらしっかりとした薬に対するスキルや対人関係においてのコミュニケーションがとれたとしても、人間はやはりミスをします。 そのミスをいつまでも引きずっていては、トータルで良い仕事をすることは出来ません。 最後は「病気で苦しんでいる多くの人を薬を通じて助けたい!」という強い想いをいかに持てるかどうかが、薬剤師としての究極の適性なのです。

保険薬局の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 保険薬局の薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.