東京都内の保険薬局の薬剤師求人

保険薬局求人TOP >> 地域別の保険薬局の薬剤師求人 >> 東京都内

東京都内の保険薬局の薬剤師求人

東京といえば誰もが知る日本の首都、中心都市ですので、大学や研究機関、製薬会社も多く存在しており、薬剤師が働けるフィールドが数限りなくあります。 それにともなう求人数も多いのですが、同じように応募する人数も多いためおのずと競争率は高くなります。

それと東京は地価や物価が高いため、その分給与水準も高いというのが常識なのですが、薬剤師の場合はなぜか都心部よりも地方のほうが給与が高いという逆転現象が起きます。 これはどうしてかというと、保険薬局では人材の不足している地方の方が年収相場が高くなって行く傾向があるからなのですね。 では具体的に東京都内での薬剤師の給与水準を、分野別に見ていきましょう。

まず保険薬局の場合、初任給で22〜30万円、年収350〜550万円というデータが出ています。 次にドラッグストアですが、初任給で25〜35万円年収450〜550万円となっています。 病院勤務の場合の場合は、初任給で21〜25万円年収300〜500万円ということです。 確かに悪くはないですが、驚くほどの給与水準ではない気がします。

もちろん長期にわたって勤務している場合や、昇進して管理職に就いたケースなどはもっと給与は上がります。 それにしてもやはり都市圏の薬剤師の収入が地方に比べてそれほどでもないというのは、このデータから見ても本当のようです。 ならば東京都内で薬剤師として働くのは、さほどメリットのないことなのでしょうか。

そんなことはないはずです。何も仕事は給与が全てではありません。 まず先にも述べたように、東京には保険薬局やドラッグストアのほかに製薬会社や大学病院といった薬剤師が活躍出来るフィールドが多数あるのです。 高い意識を持って、今後薬剤師としてキャリアアップしていこうという人のためにはやはり東京は刺激的で魅力的な街といえるはずです。 まず競争力、情報力の高い東京都内の保険薬局などでキャリアを積んで、誰にも負けないというくらいの実力をつけた後、転職してそこから収入を上げていくことも可能です。

また、東京の保険薬剤師の求人の特徴としては、住宅手当がついているケースが少なくありません。 これはそもそもの物価が高い東京では、他の地域と同じ給与水準では実質給与が目減りしているという考えから、住宅手当がついているのです。 大手保険薬局の場合、寮や社宅を完備しているところもあるので、それらの条件をチェックしながらより良い求人活動を行いましょう。

保険薬局の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 保険薬局の薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.